読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西の風、猫の目

黒猫のミッツのブログ

東中野ディアシュピール<ツヴァイ>ボードゲーム会

みなさん、こんにちは、こんばんは。

今日は東中野にあるボードゲームのイベントスペース「ディアシュピール<ツヴァイ>」のボードゲーム会に参加してきました。偶然にも昨日は男性のまつながさんで、今日は女性のまつながさんが主催のゲーム会(^^)

ひたすら、ボードゲームを楽しむ会なので、さっそく1つめ。

 

舞台は古代ローマの闘技場。皇帝カエサルに敬礼し、ゴールを駆け抜けるレースゲーム
「Ave Caesar(アベ・カエサル)」。

ゲームはいたってシンプル手札を出して、手札に書いてある数だけ駒を進めていくだけ。ただ、コースがところどころ微妙に1車線だったり、外周を回るとマスが多かったり。けっこうギリギリでゴールできるぐらいしか手札がないので、ちょっとでも邪魔されると脱落するという、見た目に反して、けっこうシビアなゲームで、なかなか面白かったです。サクッと遊べるところも良い!(^^)/

f:id:m0607438:20170423221504j:plain

 

続いて久遠堂さんのゲムマ2017春の新作!。王国に仕える宝石商となり、ジュリアーノ王子の婚約を助ける為にネックレスの宝石を買い集めるゲーム「ジュリアーノ王子の貢ぎ物」。

王子がお姫様に貢ために、宝石を買い集めるという、「王子!そんなわがままな姫君に求婚するのはやめたまえ!」と言いたいところですが、しぶしぶ宝石を集めていきます(;^_^A

製作者の方が持ってきてくれました~。簡単な協力ゲームですが、コンポーネントが凝ってて、けっこう綺麗です。ルールはゲーマー勢の評価は辛口でしたね~。ハウスルールいれて、けっこう遊べそうなゲームではあると思う。

f:id:m0607438:20170423222919j:plain

 

2000年ドイツボードゲーム大賞受賞作品。お城が竜巻で壊れてしまったので、王様の命令でお城を修復していくゲーム「Torres(トーレス)」。

こういうお城が建設されていくようなコンポーネントは見てるだけで楽しくていいですね。なんか、「Santorini(サントリーニ)」っぽい(^^)/

けっこうトリッキーな動きができるのと、カードの効果がいろいろ強力なので、その手があったか~的な感と、こっちを優先するとこっちがとられて・・・的なジレンマが面白い。大賞をとるだけのことはある。

f:id:m0607438:20170423224125j:plain

 

とあるゲームのテストプレイ(^^)。まだまだ、検討するところはたくさんありますが、こういうこと考えながら作るんだ~とか、いろいろ聞けて面白かった。最終的にどんなゲームになるか楽しみです(^^)/。

f:id:m0607438:20170423224206j:plain

 

クニツア先生の2008年ドイツボードゲーム大賞受賞作品。スタートに留まれば0点、進むと減点、たくさん進めば高得点。駆け引きが面白い「Keltis(ケルト)」。

クローバーとかボードも華やか、ゲームバランスもけっこう絶妙。やっぱ大賞をとる作品は普通に面白いですね!!

f:id:m0607438:20170423224749j:plain

 

フランス王国の棟梁となって、国王の城を建設したり周辺の町を発展させるワーカープレイスメントゲーム「Caylus(ケイラス)」。

ワーカープレイスメントを遊ぶならまずはこれ!らしいです(^^)/。ルールはかなり凝ってますが、絵柄もわかりやすいので、こういうゲームに慣れていれば普通に遊べます。お金も資源もいつもギリギリ。最初資源集め、途中建設、最後は少しでも得点を高くと比較的わかりやすく展開していくゲームです。これ、おすすめ(^^)/。

f:id:m0607438:20170423225516j:plain

 

密輸品を粘土に包んで隠して密輸するゲーム「Schmuggler(トイバー親子の密輸業者)」。

まぁ、粘土ってだけで、楽しいですよね(笑)。宝石を粘土で包んで転がして、うまく穴を通すゲーム。意外と通らない(;^_^A。

そして、この粘土の材質がすごい。なかに宝石を詰めるんですが、取り出すときはまったっくくっつかずに綺麗にはがれる。それが一番びっくりでした(笑)

f:id:m0607438:20170423230301j:plain

 

いや~遊んだ遊んだ。週末の二日間でどれだけ遊んだんだ?って感じですよ(笑)

そして、頭を使いすぎてぐったりです(;^_^A