読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西の風、猫の目

黒猫のミッツのブログ

年忘れトークイベント『愛国ってなんだ 民族・郷土・戦争』&2015年度経済書ベスト10!(2)

前ページ続きから

さて、いよいよベスト10の発表ですが、その前に今年のトピックスのおさらい

 

・緊縮主義vsケインズ主義

・グローバル経済格差

移民問題

・チャイナショック

・ロボットの脅威

 

ロボットの脅威に関する記事をやたら見たけど、やっぱりブームだったんですね。でも、70年代に人が増えすぎてスペースコロニーとか宇宙移民がブームになったように、移民問題もロボットの脅威も、人口減少による今だけのブームな気はする。

 

トピックスを踏まえて、まずは10位から

 

10位 緊縮策という病:「危険な思想」の歴史

緊縮策という病:「危険な思想」の歴史

緊縮策という病:「危険な思想」の歴史

 

なんで、緊縮政策の方が経済学では主流なんですかね~。ネットゲームの小さい世界の中でも緊縮は不景気になるんだから、わかりそうなものなんだが・・・。

 

9位 21世紀の資本

21世紀の資本

21世紀の資本

 

この本は、普通に面白かったです。そして、このブログに山形先生がコメントつけてくれたのが、いい思い出です ^^) 

 

8位 ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼

 

7位 世界が日本経済をうらやむ日

世界が日本経済をうらやむ日

世界が日本経済をうらやむ日

 

 

6位 「30万人都市」が日本を救う! 

 今年は田中先生の本は6位でした。飯田先生と麻木さんと3人とも意見が違って、面白かったです。

 

つづいて、4位が2冊

 

4位 反資本主義の亡霊

 

 4位 【図解】ピケティ入門

【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める!

【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める!

 

 高橋洋一先生の本が4位にランクインです。高橋先生の本はわかりやすくて好きです。

 

3位 ネオアベノミクスの論点

ネオアベノミクスの論点 (PHP新書)

ネオアベノミクスの論点 (PHP新書)

 

 若田部先生の本は3位にランクイン。帯のポールクルーグマンに注目。

 

2位 世界は危機を克服する: ケインズ主義2.0

世界は危機を克服する: ケインズ主義2.0

世界は危機を克服する: ケインズ主義2.0

 

 野口先生の本が2位にランクインです。

 

1位 ベーシック・インカム

 

1位は日本銀行政策委員会審議委員の原田先生。そして、なんと原田先生からも熱いコメントが来てました。

 

そして、一部最後は浜矩子・高橋乗宣コンビの最新作の紹介(笑)

2016年は・・・「2016年日本経済 複合危機襲来の年になる!」

 

2016年も期待できそうです。

ということで、次のページへいって、2部へ