読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西の風、猫の目

黒猫のミッツのブログ

ゲーム的人生論

みなさん、こんにちは、こんばんは。

今日は、本の紹介。ゲームに関する本を漁っているときに見つけた本。モンスターメーカーの生みの親、鈴木銀一郎さんの本で「ゲーム的人生論」です。

碁の石田九段との話が非常に興味深い。私も、頭の中に盤があって、すごいスピードで石が置かれていくのが見るのかと思っていたが、どうやら違うらしい。

勝利のための二大原則、「第一が必勝の信念、第二が投入量」。

第一のほうはナポレオンヒルの第三原則「できると信じる力」と同じですね。問題は投入量。1万時間とはよくいうけれども、この本の説明はすごく納得できた。

コンピュータは「偉大なるバカ」とはうまい言い方だな!たしかに、まったく融通が利かない (笑)。

なるほど!と思ったのはボードゲームの良い点として「リセット」がないこと。たしかに、テレビゲームはすぐリセットする(;^_^A。

「人生はゲームみたいに生きたほうが幸せだよ」的な本かと思っていたら(一部、そういうことも書かれてはいるが)、思いのほかいろいろ学ぶところが多い本でした。

ボードゲーム好きな人にはけっこうおすすめしたい本です。

ゲーム的人生論 (Role&Roll Books)

ゲーム的人生論 (Role&Roll Books)