読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西の風、猫の目

黒猫のミッツのブログ

結局、日本のアニメ、マンガは儲かっているのか

みなさん、こんにちは、こんばんは。

いよいよ、28日から「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ青い瞳のキャスバル」が映画館で公開されますね。なにげに楽しみにしている、みっつーです。

 2月9冊目の本は板越ジョージさんで「結局、日本のアニメ、マンガは儲かっているのか」です。

特にアニメに特化したことではないですが、日本人は「私たちの製品はすばらしいのです。この商品は使ってもらえれば絶対にわかります」と自信のコメントをするが、アメリカ人は「なんでおまえのところの商品は、使ってみるまでよさがわからないのか?」という発想をする。

なるほど!!!たしかに!!!商品説明が下手なのは思い当たる節がたくさん(笑)。

後は、日本は著作者や利権者をいかに保護するかという見地。アメリカはどのように知的財産を経済的に活用するかを重んじる。

たとえ著作者に不利になる行いでも、それが経済的な活用となるのであれば支持されるってことですね。どうりで、ビジネス的に強いわけだ。

なんとなく帯につられて買った本ですが、予想以上に勉強になったと思っている、みっつーなのでした。