西の風、猫の目

黒猫のミッツのブログ

書籍

「向いてない! 」と思う人でもリーダーになれる52のヒント

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は本の紹介。和田裕美さんの本で「「向いてない! 」と思う人でもリーダーになれる52のヒント」です。 世界No.2 営業パーソンが、試行錯誤で到達した「上司術」! タイトルにある通り、52個のヒントが書かれている…

幸せなお金持ちになる すごいお金。

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は本の紹介。和田裕美さんの本で「幸せなお金持ちになる すごいお金。」。11月30日発売の本ですが、新宿の紀伊国屋さんとか、吉祥寺のリブロさんでは先行で購入できるのでさっそく読んでみました。 「ママの人生」で…

『ママの人生』(ポプラ社)刊行記念 和田裕美さんトーク&サイン会

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は急遽時間が空いてしまったので、これは和田さんのイベントへ行けってことに違いない!と勝手に解釈して吉祥寺まで行ってきました(笑)。 今回はリブロのマネージャーの昼間さんとの対談形式。昼間さんは著者の間…

抜擢される人の人脈力 早回しで成長する人のセオリー

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は本の紹介。来月の勝間塾の課題本にもなっている本で「抜擢される人の人脈力 早回しで成長する人のセオリー」です。著者の岡島悦子さんは株式会社プロノバの社長さん。 ダボス会議 Young Gloval Leaders に選ばれた…

和田裕美×斉藤尚美 「ママの人生」を銀座で語る夜

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は下北沢の「本屋B&B」が、東京をテーマにした新店舗「本屋 EDIT TOKYO」で開催されているイベントへ行ってきました。このイベントは書籍・雑誌・Webメディアの編集者を招く「100人の編集者による100回のトークイベ…

ゲームストーミング

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は本の紹介。「モチベーション3.0」等の著者ダニエル・ピンク氏推薦。今の時代を生き抜くには創造性と革新性が不可欠だ。それは皆が承知している。その解決策が見つかった。「ゲームストーミング」だ。 最初のほうで…

ママの人生

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は本の紹介。ビジネス書作家、和田裕美さん初の小説本。 読者抽選モニターが当たって一回読んで、本が発売されたのでもう一回。和田裕美さんのトークイベントもあって、ブログには何度が登場してますが、きちんと本…

『ママの人生』刊行記念和田裕美さん 新井ナイト

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は女性ビジネス書作家の先駆け、著書の累計は200万部を超える和田裕美さんの初の小説『ママの人生』の刊行記念、「新井ナイト」ヘ行ってきました。新井さんは三省堂書店池袋本店の書店員さんで、和田裕美さんと新井…

「仕事のゲーム化」でやる気モードに変える 経営に活かすゲーミフィケーションの考え方と実践事例

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は本の紹介。先日紹介した「営業のゲーム化」に引き続き「仕事のゲーム化」です。 「ゆとり世代」も、ベテランも、ワクワクしながら仕事に取り組める。職場活性化&業績向上のヒント! ほんと、なぜゲームとなると、…

営業のゲーム化

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日も本の紹介。最近は、ゲームのことばかり考えているのと、和田裕美さんの影響で営業のことを考えていたこともあるのか、おすすめ本にふらっと上がってきた本。そのまんま「営業のゲーム化」(笑) 営業とは・・・企…

習慣の力

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は本の紹介です。勝間塾の課題本になっている本で「習慣の力」です。 人間の日常行動の4割は「習慣」。だから「良い習慣」を増やせば、人生は劇的に変わる。アメリカで「習慣」ブームをまき起こしたベストセラー。 …

自分を変える1つの習慣

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日はすっかりご無沙汰してる本の紹介です。勝間塾の課題本になっている本で「自分を変える1つの習慣」です。 最初から「たとえば、この本を手にとったあなたが、「最後まで読み終える可能性」は相当に低いものです」…

お金に強くなる! ハンディ版

みなさん、こんにちは、こんばんは。 なんか、某所で投資の質問ばかりうけていたせいか、本屋で目に留まったので買った本。題名の通り、お金に関する本で「お金に強くなる!」です。 とりあえず・・・TOPIC01「お金は目的ではなく手段」。なかなかうまいこと…

日本はこの先どうなるのか

みなさん、こんにちは、こんばんは。 なんか、久しぶりの本の紹介な気がする(;^_^A。 今日、紹介する本は第1次安倍内閣で経済政策のブレーンを務めた暗黒卿こと高橋洋一先生の本で「日本はこの先どうなるのか」。 データに基づかずに議論する学者や識者にだ…

スナックシャレードの和田裕美ママに会ってきたよ♪

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は和田裕美さんの小説デビュー作「ママの人生」刊行記念!プロモーションイベントとして期間限定でオープンしているスナックシャレードへ行ってきました。スナックシャレードは小説の舞台となっているスナックで、和…

ゲーム的人生論

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は、本の紹介。ゲームに関する本を漁っているときに見つけた本。モンスターメーカーの生みの親、鈴木銀一郎さんの本で「ゲーム的人生論」です。 碁の石田九段との話が非常に興味深い。私も、頭の中に盤があって、す…

テレビ局はなぜ「放送法」を守らないのか ―民主主義の意味を問う

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日紹介する本は、小川榮太郎さん、上念司さんの対談形式の本で「テレビ局はなぜ「放送法」を守らないのか ―民主主義の意味を問う」です。 テレビはなぜ「偏向報道」を繰り返すのか?、テレビはなぜ「放送法」を守らない…

新しい文章力の教室

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は本の紹介。和田さんの課題ばかりやっていたので、ようやく勝間塾の今月の課題本です。 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズから「新しい文章力の教室」。 毎月3,000本以上の記事を配…

『ママの人生』(和田裕美・著)プルーフ版

みなさん、こんにちは、こんばんは。 2日前の「なんとなく、和田さんにうまく乗せられてるような気がしないでもない(笑)」な記事でいろいろ反響があったのですが、うまく乗せられた結果・・・ 届きました!!! 和田裕美さん初の小説!『ママの人生』のプ…

和田裕美の必ず結果が出せる営業法則

みなさん、こんにちは、こんばんは。 ウレフェス2016の事前サポートメールが数日おきに届くのですが、「和田裕美の必ず結果が出せる営業法則」の要約といわれても・・・本を持っていない!!(;^_^A ということで、今日はウレフェス2016の事前サポートメール…

世界NO2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日紹介する本は和田裕美さんの 「世界No.2営業ウーマンの「売れる営業」に変わる本」。2003年に発売された本なのですね~。 なぜ、今頃この本を読んでいるかというと・・・ 10月15日に開催される「ウレフェス2016」に…

人狼知能 だます・見破る・説得する人工知能

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は勉強カフェが全店休業日、そして参加イベントもなし、という奇跡的な日が重なって、めずらしく家でのんびりしています(笑)。 ということで、久しぶりに本の紹介です。 先日、行ってきた発刊イベントで買った本「…

投資とお金の大事なことはモノポリーに学べ!

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日、紹介する本は「投資とお金の大事なことはモノポリーに学べ!」です。モノポリーは世界で2億5000万個売れているボードゲーム。そのモノポリーを通じて投資やお金の大事なことを学ぶ本。 実際に2007年度日本選手権全…

ゲームを斬る!

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日、紹介する本は「ロードス島戦記」や「ソード・ワールド」を生み出したゲームデザイナー集団「グループSNE」の代表、安田均さんのボードゲームに関する評論本。といっても、発売日は2006年で2001年ごろから2006年ま…

原発サイバートラップ: リアンクール・ランデブー

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日紹介する本は一田和樹さんのサイバーサスペンス!! 余りにリアルな恐怖と戦慄!その瞬間、全国民が戦場の最前線に立たされる! 笑うところは大日本電気のパートナーのくだりと・・・ガーゴイルとマイクロ・オペレー…

「決め方」の経済学―――「みんなの意見のまとめ方」を科学する

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日紹介する本は経済学系から、「決め方の経済学」です。 「自分たちは使わないからエレベーターの改修費用は払わない」と主張したマンション1階の住民。それに腹を立てた他の階の住民が結託し、「費用はすべて1階住…

いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日は先日、聴きに行った八重洲・イブニング・ラボでゲストのケント・ギルバートさんが日本に潜入しているスパイのことはこの本を読めばわかると言っていたので買って読んでみました。 内容は日本はなぜスパイ天国なの…

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日、紹介する本は先日、田中秀臣先生のイベントで話を聞いた、井上智洋先生の本で「人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊」です。 タイトルにある通り、人工知能に仕事が奪われて、職に就けるのはたったの1割になっ…

進め!! 東大ブラック企業探偵団

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日、紹介する本は実在する「Tゼミ」をモデルにした、東大本郷キャンパスに部室をおく秘密結社「東大ブラック企業探偵団」、その秘密結社が企業を徹底分析する、ストーリー形式の企業分析本。 第一話が外食産業。外食産…

クララ殺し

みなさん、こんにちは、こんばんは。 今日紹介する本は先月紹介した啓文堂書店大賞受賞作、小林泰三著「アリス殺し」に続く本格長編ミステリ、「クララ殺し」。 タイトルもストレートに物騒ですが、帯も「おとぎの国の邪悪な殺人計画」なので、物騒なことこ…